望んだ瞳をゲットすぐできる二重整形

理想の二重になれる|短時間の施術で現実のものとなる

切開法で美しいまぶたに

フェイス

切開法とは、まぶたを切開してから二重の形になるように縫合するという二重整形です。余分な皮膚や脂肪がついている場合、それを切除できるという点がメリットです。また、広範囲を切開する全切開法と、一部分を切開する部分切開法とがあります。いずれの場合も、切除の度合いによって、目を好みの形にすることができます。

もっと知ろう

ぱっちり目元を作る施術

医者

二重整形には埋没法と切開法という種類があるのが特徴です。それぞれ、まぶたの厚さやなりたい目の形によって施術方法が異なってくるので、カウンセリングすることが大切です。また、痛みや腫れについてですが、医院によって様々な対策をしているため良く選ぶことが必要になります。

もっと知ろう

埋没法で二重ライン

目を閉じる女性

糸で留めるだけで、二重にする埋没法という整形が人気です。留める箇所が多いほどラインはくっきりします。まぶたの脂肪が厚い人や埋没法が向かない人は、部分切開や全切開で二重のラインをつくります。これは埋没法より持続力が高く、特に全切開は半永久的に続きます。

もっと知ろう

メリットとデメリット

注射器

二重整形の埋没法は、糸を使った手術になります。事前にメリットとデメリットをきちんと理解してから施術をするようにしましょう。料金も安価で行う事が出来ますので、気軽に施術が出来るというメリットがありますよ。

もっと知ろう

理想的な目蓋のライン

美容整形

理想的な二重目蓋のラインをつくり出すためには医療分野の技術を応用する事が必要とされます。美容整形の技術は進歩し、複数の技術を併用することで自然なかたちで理想の目元を形成することが出来るようになっているのです。

もっと知ろう

理想のまぶたを現実に

カウンセリング

埋没法と切開

一重まぶたを二重まぶたに整形したい場合には幾つかの方法があります。まず、一番簡単で多く行われているのが埋没法方です。小さな針の穴から上まぶたに糸を通してまぶたを理想の形に固定します。この方法では切開して縫うわけではないため、手術跡が残る心配がなく、自然な仕上がりが期待できます。糸を結んで固定をしますが、どのように結ぶかでまぶたの仕上がりも変わってきます。そのため、自然な二重を希望する場合には固定位置を少なくしたり、逆にくっきり二重にしたい時には固定箇所を多くしたりといった工夫ができるのです。埋没法では整形が難しかったり、まぶたのたるみや、はれぼったい感じが気になる場合には、まぶたを切開して二重まぶたに整形する方法が適しています。糸で留めるだけの埋没法と異なって、実際に皮膚を切開して、二重を作り、上眼瞼挙筋の腱膜に固定します。その際に皮膚の余分な部分や瞼の内側の脂肪を取り除くこともできるため、より細かく理想に沿ったデザインの二重整形ができます。

信頼できるクリニックを

埋没法は糸を留めるだけの簡単な整形ですので、プチ整形とも言われ、人気があります。早ければ10分程で終了してしまうこともありますし、お値段も他の整形手術よりだいぶ安くなります。クリニックによって大きく差がありますが10万円程でできる場合が多いです。しかしプチ整形とはいえ、整形手術には違いありません。簡単に感じますが、その分、埋没した糸が外れて二重が元に戻ってしまうことも考えられます。それに、やはり3年から5年程でまた整形が必要になる場合が多いです。医師によく話を聞き納得のいく方法を選択しましょう。クリニックによっては、整形後のトラブルなどに対処するアフターケアや、保証をしてくれる場合もあります。そういったサービスも安心して受診できるクリニックを選ぶ際のポイントになるでしょう。また整形手術の後はまぶたが腫れることがあります。ですが埋没法は他の方法に比べて腫れが少ないですし、術後の違和感はあるものの、次第に慣れていく程度のもので痛みも感じない場合がほとんどです。