ウーマン

二重をバシッと手に入れてクヨクヨしていた日々にバイバイ

切開法で美しいまぶたに

フェイス

余分な皮膚や脂肪を除去

二重整形は、昨今では埋没法でおこなわれることが増えてきています。埋没法とは、結膜に糸を通して引っ張ることで、まぶたをくぼませて二重の状態にするというプチ整形です。短時間で施術が終わる上に、ダウンタイムがほとんど生じないという点から、人気と需要とが高まっているのです。しかし、まぶたの形状によっては、埋没法では美しい二重にすることが困難となっています。たとえばまぶたの皮膚がたるんで伸びている人の場合、その一部をくぼませて二重の状態にしても、たるみがくぼみに覆いかぶさってしまうことがあります。また、まぶたの内部に多くの脂肪が詰まっていて、それによりまぶたが全体的に膨らんでいる人の場合、そもそもうまくくぼませることができないのです。そのような場合には、埋没法ではなく切開法という二重整形がおこなわれます。切開法では、まずはまぶたがメスで切開され、その上で二重の形になるように縫合されます。そして切開の際には、余分な皮膚や脂肪が除去されるのです。そのため皮膚がたるんでいても、脂肪が多くついていても、まぶたは美しい二重の状態になるのです。

切開する範囲

切開法には、全切開法と部分切開法の2種類があります。全切開法は、目頭から目尻にかけて、まぶたを全体的に切開するという二重整形です。それに対して部分切開法では、まぶたの一部分のみが切開されます。全切開法は、まぶたが全体的にたるんでいる人や、脂肪が特に多く詰まっている人に適しています。広範囲を切開することになるので、より多くの皮膚や脂肪が除去されるからです。そして部分切開法は、皮膚のたるみや脂肪がそれほど多くない人に適しています。また、除去する皮膚や脂肪が少ない分、腫れの生じる範囲が狭いというメリットがあります。そのためダウンタイムをより短くしたい人にも、部分切開法は適していると言えます。また、いずれの場合も好みの形の目にすることが可能となっています。たとえば目尻の部分で特に多くの皮膚を切除した場合、縫合によりその部分が引っ張り上げられるため、つり上がったシャープな印象の目となります。目頭と目尻の中間部分で多くの皮膚を切除すれば、目は丸みを帯びた形となるのです。