ウーマン

二重をバシッと手に入れてクヨクヨしていた日々にバイバイ

埋没法で二重ライン

目を閉じる女性

人気の埋没法

若い女性がアイプチやアイテープなどで、目を二重にすることが流行っています。慣れていれば簡単な作業ですが、時間が無い場合などは大変です。それに毎日つけたり取ったりするのも、面倒です。そんな女性に大人気なのが、美容整形で行なうプチ整形です。まぶたを持ち上げる筋肉と皮膚を医療用の糸で留めるだけで、簡単に二重にすることができます。これは埋没法という整形方法で、二重にする手術で最も多く行なわれている治療です。日帰りができてダウンタイムもほとんどなく、メイクも次の日からできるため、整形をしたと気づかれにくいのです。糸は留める箇所が多いほど、くっきりした二重をつくることができます。しかし埋没法は持続期間が短く、数ヶ月から数年程度で糸が切れたりして、整形効果がなくなってしまう可能性があります。また糸の留め方や結び方、場所なども医師によって方法や技術は違ってきます。しかし埋没法は効果が短いのも利点の一つだと言えます。二重のラインが気に入らなければ、糸を取り外し簡単にやり直すことができるからです。

最近は男性にも人気

糸で留める埋没法に向かないタイプのまぶたである人もいます。まぶたの脂肪が厚すぎて、糸を留められないのです。無理に糸で留めても、すぐ切れてしまいます。また大きな二重のラインをつくりたい人には、まぶたの切開手術が行なわれます。これはまぶたの一部分を切開する部分切開、そしてライン全体を切開する全切開があります。部分切開は二重のラインに添って少しだけ切開して、余分な脂肪や皮膚を除去して縫い合わせます。一方、全切開は全体のラインを切開するので、部分切開よりくっきりしたラインにすることができ、持続力も半永久的です。切開による手術も日帰りできる治療ですが、埋没法よりダウンタイムは長くなる点、そして手術費用も少し高めである点を頭に置いて、施術方法として選択するのが望ましいです。最近は女性だけでなく、男性も二重の手術を受ける人が多くなってきました。特に営業や販売員など、人と接する職業の人が多いようです。一重の目の人は怒っているように見え、無愛想な感じを人に与えることがあります。大きな目になると明るい印象をつくることができるので、初対面の相手でも大きな好感を与えられるとして人気が高まっています。