ウーマン

二重をバシッと手に入れてクヨクヨしていた日々にバイバイ

ぱっちり目元を作る施術

医者

まぶたの厚さが重要

二重整形には様々な施術方法があります。埋没法といって、皮膚を切らずに糸で止めるだけでぱっちりとした目元を作ることができるものから、切開して元に戻らないようにするものがあります。切開をする部分が小さくしたり、大きくしたりとその人の目やまぶたの厚さなどに合わせて二重整形の施術は変わっていくのです。二重整形の際、まぶたが脂肪などで厚い人は、埋没法を行うと元に戻ってしまうことがあるので気をつけましょう。埋没法は、糸で留めるだけなので腫れも少なくダウンタイムなどもほとんどないのが特徴です。また、まぶたが薄い人なら、しばらくすると型がつき半永久的にとれないためリーズナブルな価格で施術することができるためお得です。ただ、まぶたが厚い場合は、糸が緩んでしまい元に戻りやすくなってしまうので、他の施術方法も検討しておくと良いでしょう。二重整形する前のカウンセリングなので、自分のまぶたの厚さなどを相談して、埋没法が良いのかそれとも切開するほうが良いのかを判断してもらうことが大切です。

痛みや腫れ

二重整形は整形手術のなかでも一番ポピュラーな施術であるため、リーズナブルな価格で行うことができます。痛みに弱いのでなかなか整形に踏み切れないという人がいますが、痛みもほとんどなく10分ほどで済んでしまうこともあります。埋没法でも切開でも、局所麻酔が行われているため施術中はほとんど痛みを感じることはありません。目を触られるのが怖いという人なら、笑気麻酔などを選択することも可能な美容整形外科もあります。他にも麻酔が怖いという人のための麻酔クリームや、細い針を使用した注射で痛みを和らげるなどといった工夫をおこなっている所もあります。術後の痛みや腫れに対しても鎮痛剤や痛み止めが処方されるため安心です。切開する場合は腫れはしばらく続きますが、一週間もすれば落ち着くので長期休暇の間に施術すればバレずに済みます。埋没の場合は、個人差もありますが腫れは数時間で痛みもほとんどないという人もいます。施術する先生の腕や、施術を受ける人によっても変化するので調べておくことが必要です。